【節税対策に最適】コインランドリー経営ができるFCの評判まとめ

無人経営でスタッフを雇用することなく運営することが可能なコインランドリー
特別税制を利用し大幅な節税ができるとご存じですか?

フランチャイズ式のコインランドリーは土地活用法としても人気が出ていますが、フランチャイズ式の会社は多く、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。
今回はコインランドリーのフランチャイズで人気の5社の特徴や評判について比較したいと思います。

この記事ではこんなことが分かります

  • コインランドリーのフランチャイズ がおすすめの理由
  • おすすめのコインランドリーフランチャイズ
  • コインランドリーフランチャイズ 人気5社の特徴
  • コインランドリーフランチャイズ 人気5社の評判

コインランドリーのおススメポイント

日常生活でなくてはならない洗濯機。一般世帯での普及は95%とほぼすべての家に洗濯機がある現在。
しかしコインランドリーの需要はその一方で高まっているのをご存じですか?

ライフスタイルの変化で高まる需要

皆様はコインランドリーにどのようなイメージをお持ちですか?

女性の社会進出により共働き世帯の増加やコインランドリーのマシンの機能性が向上した点などによりメインユーザーが単身者から主婦に移行。

多忙な女性が増えたことで、少しでも家事にかける時間を減らし、時間を有効に使いたいというニーズが高まったことがコインランドリー利用者の増加を後押し。


大量の洗濯物をまとめて洗って乾燥したいというニーズだけでなく、布団や毛布など家庭では洗濯ができない寝具の洗濯や乾燥が備わっており 年々増加し近年では低年齢化してきている花粉症や「ダニ対策」などのアレルギーを持つ人たちのニーズも増えてきています。

それにともない、世間におけるコインランドリーの需要も年々高まっていますが、供給が足りてない状況でもあります。
梅雨時期などに満杯のコインランドリーを目撃したことありませんか?


そんな需要が高まっているコインランドリーは特別税制を利用して即時償却が可能なんです。
即時売却については【こちら

法人向け保険の節税が難しくなった今、コインランドリー投資で2000~2500万円程度の償却も!
融資を受け、資金を手元に残したまま節税することもできますよ!
コインランドリーは「副業として何かビジネスをはじめたい」「土地などの資産を有効活用したい」

そんな方にもおすすめのビジネスです!

コインランドリーフランチャイズには2種類ある

「コインランドリーのフランチャイズ」といっても大きく分け2種類あり、お店の技術やノウハウを得て自身で運営していく「運営型」、月々の費用などを払い業務・運営をすべて委託する「投資型」 があります。
それぞれのメリット・メリットがあるため今回そちらも比較していきましょう。

運営型

一般的なフランチャイズといえばこちらの運営型。
大まかにいうとメリットは運営のノウハウを手に入れられること。


デメリットは管理の手間がかかること。ただコインランドリーというサービス自体はコンビニエンスストアや飲食店のフランチャイズに比べて人員の確保等はないため圧倒的に仕事は少なく済みます。

ランドリーデポ

引用: http://www.laundry-depot.jp/

特徴

ランドリーデポの特徴は業界初の全店舗有人の店舗を展開していること。
店舗毎に従業員を雇用し、専属スタッフとしてお店の管理、お客様対応をします。

コールセンターは24時間365日コールセンター業者ではなくランドリーデポ専門カスタマースタッフが対応するのも特徴です。機械メンテナンス等も自社スタッフが行う形になっており、自社ですべてをまかなっているのも安心できますね。

ちなみに運営型だけでなく、投資型としても展開することが可能なため自分に合ったスタイルで行えるのも特徴です。

ELECTROLUX PROFESSIONAL( エレクトロラックス・プロフェッショナル )

特徴

エレクトロラックス・プロフェッショナル はスウェーデンで1975年から続くコインランドリー業界のパイオニア

2019年に分社化し「 エレクトロラックス・プロフェッショナル ・ジャパン」となりました。
ランドリー機器のメーカーでもあります。

長く続く企業ならではの経験と実績を駆使し、オーナーの要望に沿ったプランを提案してくれます。
独立型・テナント型・併設型など様々な店舗形態が可能なのも魅力。

低コストで店舗経営が可能です。

投資型

一般的な「フランチャイズ」とは異なり、経営というより投資の面が強い投資型。
自ら運営を行う運営型と比べると、コストが高いですが、すべての業務をおまかせでき出資者の負担が少ないのが特徴です。

基本的には設備に対して投資をするだけ。
店舗の運営自体はフランチャイズの本部に委託するという形です。

オーナー側は自分で動く必要がなく、運営は全て本部なので清掃・管理などのリスクも生じないというメリットがあります。
運営型との違いは、オーナー自らが動き運営をするという大きな違いがあります。

デメリットは初期投資額がかなり高くなってしまうこと。
人口の密集している都心部ではコインランドリーの競合も多く出店しているため集客のために他店との差別化を図る必要があります。

WASHハウス

引用: https://www.wash-house.jp/

特徴

経営というよりは投資の面が強いのがWASHハウス。コインランドリーのフランチャイズとしては革新的ともいえる方法で多くの投資家の注目を集めています。

游休地の土地活用ではなく、集客力の高いエリアへいかに出店するかに重きを置いています。
WASHハウスがこれまでに蓄積したノウハウと徹底したデータ分析で「売上のあがる場所」での店舗出店にこだわっています。

mammaciao(マンマチャオ)

引用: https://www.ciao-net.jp/

特徴

株式会社エムアイエスがブランド展開する『mammaciao(マンマチャオ)』
全国580店舗を突破した 大型コインランドリーチェーンです。

マンマチャオは「頑張る主婦を応援したい!」という思いから全国に店舗数の拡大をしています。

ターゲットが「頑張るお母さん」ということで、オーナーには女性も多いのが特徴です。全国主要都市にて毎月投資説明会も開催しており、開店後にはオーナー同士の交流の場も設けているなど、女性に優しく「投資初心者でも安心して利用できる」のがマンマチャオの強みといえます。

支払い方法なども様々なシステムを導入しており、ユーザーの利便性も考えられています。

コインランドリーピエロ

引用: https://laundry.senkaq.com/

特徴

「主婦が選ぶコインランドリー店舗 支持率第1位」を獲得したこともあるコインランドリーピエロ

会社自体が「らくらくパック」と称して全体のサービスやその業務にかかるコストをわかりやすく提示してくれています。→【詳しくはこちら
加盟店契約時ロイヤリティ不要なのも嬉しいですね。

商業・サービス活性化税制や中小企業経営強化税制などを組み合わせ、投資金額の多くを即時償却するようアドバイスを受けることも可能で、即時売却ニーズへの対応も万全なのが魅力的です。

TOSEI コインランドリー

引用: https://www.tosei-corporation.co.jp/

特徴

業務用洗濯乾燥機で国内シェアトップクラスのメーカー「TOSEI」が行うコインランドリー事業。
2001年に業界初業務用洗濯乾燥機を発売したのもTOSEIです。
メーカーが提供していることで、最新の機器をいつでも導入できるのが魅力的!

決済方法が現金以外に電子マネー、プリペイドカードなど様々でったり、洗濯の終了時に電話に通知してもらうこともできユーザーにとって便利なのも特徴です。

まとめ

コインランドリーの経営をしよう!と思いいざ開店へ向け用意していくまでかかる費用は少なくはありません。建物だけでなく設備投資もかかり、客単価が決して高いものではないため、一度に大きな収益を期待できるものではありません。
ただ、一度開店してしまえば季節や天気等を気にせずコツコツと集客を得ることは可能です。

個人での会場が不安な方は、投資型フランチャイズを利用して、手取り足取り大変な部分をお任せできてしまうのは心強いですよね。
空き物件の活用や、 特別税制を利用し大幅な節税も可能になるためおススメです。
是非この機会に検討してはいかがでしょうか?

節税ハック編集部

節税ハック編集部

節税ハックでは、「節税」「投資」に関わるコンテンツを発信しています。
現役FPによる【金融】のコツやテクニックもお届けしていきます。

カテゴリー:
タグ:
関連記事