REIT投資と株式投資の違いとは?メリットデメリットを解説!

REIT投資と株式投資の違いとは?メリットデメリットを解説!

投資を検討している人の中には、投資方法の種類が多く自分にできるものはどのような方法なのかと悩む方もいるのではないでしょうか。

投資にはいくつかの種類があり、リターンやリスクの大きさもさまざまです。

そこで今回は、REIT投資と株式投資について特徴を比較しながら解説していきます。

この記事ではこんなことがわかります。

  • REIT投資とは
  • REIT投資のメリット・デメリット
  • 株式投資とは
  • 株式投資のメリット・デメリット

REIT投資とは

REIT投資とは

REITとはReal Estate Investment Trustの略で、投資家から集めた資金で不動産への投資を行います。アメリカで生まれた仕組みで、日本版のREITをJ-REITと読んでいます。

不動産を購入して家賃収入を得るという点は、一般的な不動産投資と変わりはありません。

また、株のように価格の変動があるので運用益以外にも、売却益を得られる可能性もあります。

一方、複数の投資家が資金を出し合って不動産を購入するので、少額でも投資が可能であるという特徴があります。さらに、REITは株式市場に上場しているので、証券会社を通じて売買される点も特徴であるといえます。

REITでの投資先は、オフィスビル・商業施設・住居・ホテル等用途別に分類されます。単一の用途の不動産に投資されるものもあれば、複数の用途の不動産に投資される総合型のものまで、さまざまな種類の投資商品があります。

単一用途のREITでも数件から数百件の同一用途の不動産に投資されているので、リスクの分散もされています。

そして、運用は投資のプロが行うので、物件の取得から運営・管理まで全て専門家が行います。つまり、投資家は面倒な手続きや物件探しを行う必要がありません。

REIT投資のメリット

REIT投資のメリット

不動産投資と投資信託の良いとこ取り

REITは株式市場に上場しているため、株式のように売買することが可能です。現物の不動産であれば手続きも多く売却から決済までに時間がかかるケースも多いですが、REITの場合、流動性も高いので換金性にも優れています。

一方、配当原資は不動産の賃貸料等なので、不動産投資のように比較的安定した収入を得ることが可能です。

つまり、不動産投資のメリットと投資信託のメリットを兼ね備えた投資方法であるといえます。

手軽に不動産投資が可能

不動産投資は、初期費用が多くかかります。しかし、REITでは通常の投資信託のように1口1万円程度からの投資が可能であり、さらにネット証券を利用すれば100円からの投資も可能となっています。

また、不動産投資では、初期費用の他にも物件の選定や手続き等さまざまな知識や時間を必要とします。しかし、REITでは基本的には物件の選定や手続き等は不動産の専門家に任せることができます。

運用も専門家が行うので、毎日値動きを追わなくても良いというメリットもあります。

日本のJ-REITだけでなく海外のREITにも投資が可能です。ファンドの中身をしっかりと確認する必要はありますが、実物の海外不動産の購入と比較すると挑戦するハードルは低くなります。

つまり、不動産投資なのに少額から始めることができ、知識もそこまで必要なく面倒なこともないので手軽に始めることができる、というわけです。

REIT投資のデメリット

REIT投資のデメリット

不動産特有のリスク

株式投資などと同じような元本割れのリスクに加え、一般の不動産投資と同様に、災害や地震のリスクがあります。保有の不動産が災害や地震等で損傷した場合、補修費用の負担や、家賃の価格低下・空室リスクを負うことになります。

また、REITは投資法人が投資家から集めた資金と金融機関からの借り入れで不動産を取得するため、金利上昇とともにローンの返済額も増えます。ローン返済額の増加は投資家への利益分配を減らすことに繋がり、株やFXとは違った金利変動リスクがあります。

運用コストや運用会社の倒産リスク

REITは不動産投資と似ていますが、投資信託です。つまり販売手数料や信託報酬等の運用コストが発生します。そしてREITの運用コストは、通常の投資信託と比較すると高い傾向にあります。

また、運用会社の倒産リスクも頭に入れておかなければいけません。運用会社も法人なので当然、倒産する可能性もあるわけです。

ただし、運用会社が倒産した場合でも、投資先である不動産を売却することで投資資金が返還されることはあります。

株式投資とは

株式投資とは

株式投資とは、企業が発行する株を売買することで配当金や売却益を得る投資方法です。

配当金は投資家が受け取る、株を発行した企業による事業活動で生じる利益の一部です。一方、売却益とは企業の株価が上昇したタイミングで株を売却することで得る利益のことです。

投資家が株を購入し、企業に投資をすることで企業は営業していく上で必要な資金を得ることができます。投資家はその代りに、その企業の所有権をもつことができるのです。

つまり、株式投資とは成長しそうな企業や応援したい企業にお金を出し、企業活動でより多くのお金を生み出してもらうという仕組みなのです。そして、より多くのお金を生み出すことができたら、その一部を投資家が配当という形で受け取れるというわけです。

株式投資のメリット

株式投資のメリット

企業の経営に参加できる

株式投資は、企業の株式を保有することになるので、株主には議決権が与えられます(※)。議決権があることで株主総会の決議に参加でき、決議案について賛成、または反対の意思表明ができます。

※無議決権株式や単元株式制度を採用している企業の、保有株式が1単元未満の株主には議決権がありません。

株主総会で決議される内容は、企業の経営方針などの企業活動をする上で重要なものなので、議決権を得ることで企業の経営に間接的に関わっていることになります。議決権は、保有株式が多くなるほど多く得られ、企業運営へ影響を与えます。

お金を増やすチャンスが3つある

株式投資にはお金を増やす方法が大きく分けて3つあります。

1つ目が、キャピタルゲインです。キャピタルゲインとは、株を購入した時の株価よりも高い株価になったタイミングで株を売却し、その差額を利益として受け取ることです。

株価は常に変動しているので、例えば、不祥事など悪いニュースが報じられると株価が落ちる・企業の業績が良いと株価は上がる等、株価の動きが予測できます。

投資家が売却のタイミングを見計らって利益を得るのです。

2つ目は、インカムゲインです。インカムゲインとは、配当金で得られる利益です。

配当金は、投資した企業が事業活動で得た利益を株主に還元することです。保有する株式数に応じて配当金を得ることができます。つまり、保有株式数が多くなるほど配当金の金額も多くなります。

ただし、企業の業績が芳しくなく、赤字の場合は配当金が出ないこともあるので注意が必要です。

3つ目は、株主優待です。株主優待とは、企業が独自に株主に対して自社製品やサービスを提供することです。

現在、上場企業の約4割が株主優待制度を設けています。内容は、自社製品やクオカード、割引券等企業や業種によってさまざまです。いわば株主優待は、出資してくれている株主へのプレゼントのようなもの。

株主優待の内容は多岐にわたるので、投資先の選定の際に株主優待を参考の一つにしても良いかもしれません。

株式投資デメリット

株式投資デメリット

投資には必ずついて回る元本割れのリスク

株式投資に限らず投資全体にいえることですが、元本保証はないので元本割れのリスクがあります。

メリットでも紹介したとおり、株価は常に変動しているため、換金したいタイミングで値下がりする、社会情勢の変化で値下がりするなど、取得時よりも安価で売却しなければならない場合もあります。

その場合は、取得時の価格と売却時の価格との差額が損失となってしまうのです。

初期費用が比較的高い

不動産投資等と比較すると初期費用は安いですが、株式投資も最低でも数万円程度の資金が必要です。

銘柄によっては最低購入代金が10万円、100万円以上としている企業もあり、それなりの資金が必要です。ネット証券では最低100円から投資可能な投資信託と比較しても、株式投資は初期費用がかかることがわかります。

初心者にはややハードルが高い

現在東証一部に上場している企業だけでも2000社以上あります。その中から、どの企業の株式を購入すればよいのかを判断するには、業績や投資指標を確認する必要があります。

また、企業の業績の他、業界や政治の動向・社会情勢によっても株価は変化するので、株式の購入・売却のタイミングを判断するためにはこれらの情報を、常に把握している必要があります。

このように、株式投資には投資判断のために必要な知識や確認すべきことが多いため、投資初心者にはややハードルが高いといえるでしょう。

流動性リスク、信用リスク

株式の売買には多くの投資家が参加しており、企業の業績や社会情勢等さまざまなことに影響を受けるので、思った通りの売買ができないことも。取引がなかなか成立しない場合は、想定よりもはるかに安い値段での売却をしなければならないこともあります。

また、企業が財政難や経営不振等で債務が履行できなくなる可能性もあります。最悪の場合、株式に投資したお金を回収できずにすべて失う可能性もあるのです。

まとめ

REITでは、リスクの分散が専門家によって十分な対策が取られています。また、換金性も高いので、早い現金化が必要な人に向いているでしょう。また専門的な知識もそれほど必要なく、少額の投資額で始めることができるので、不動産投資に興味がある方はREIT投資から始めてみるのも良いのではないでしょうか。

一方、株式投資は売却益が期待でき、保有期間中は配当金や株主優待を受けることができる点が魅力です。安定的に利益を得るためには、初期費用や知識も必要になってきますが、仕組みややり方はそれほど複雑なものではないでしょう。

REIT投資も株式投資も、元本割れなどのリスクが存在します。投資を始める前にそれぞれのリスクもしっかりと理解し、リスクを下げるために分散投資をするなど、工夫して投資を行いましょう。

庄司里紗

庄司里紗

大学卒業後、広告代理店に営業事務として就職。妊娠を機に退職。専業主婦となり、家計管理を任される。
しかし、子供2人分の教育費、住宅費、老後資金とお金の不安は増えるばかり。
そこでお金について勉強するため2級FP技能士を取得。現在は、子育てをしながらFPとして活動中。

カテゴリー:
関連記事